腸のがん検診にはカプセル内視鏡が楽です。

###Site Name###

大腸・小腸のがん検診と聞くと、「怖い」「つらい」というイメージがありませんか。


実際にも、大腸検査の場合は肛門からバリウムを入れて病変の造影を探し出す造影検査。または、肛門からカメラつきのファイバースコープを入れて造影を目視する内視鏡検査があります。

いずれも、肛門から入れた後、さらに空気を入れて腸を膨らませるわけですから、肛門に異様な感触が有ったり、中にはおなかが張って痛くてつらいと感じる方も多いでしょう。


女性なら「恥ずかしい」ということも有ります。

また、小腸の検査は、口または鼻からチューブを入れて、小腸まで到達させ、そこからバリウムを流し込みます。


そうでないと小腸には届きにくいからです。腸のがん検診には「こんな思いをしないといけないのか」そう思ったことはありませんか。しかし、そんなときに便利なのが、カプセル内視鏡です。



薬を飲むようにカプセルを飲み込むだけでOKです。

がん検診について詳細をご紹介いたします。

なぜならそのカプセルには内視鏡カメラが入っており、それが内部を撮影してくれるからです。
患者さんにとって苦しいことは何もありません。



カプセルを飲みこむだけという自然な行為で検査ができるところが画期的ですね。

最近できたばかりで、実施している病院が少ないうえに、病院でもさりげなくポスターを貼っていたりしているだけのところが多いです。


しかし、もし、あなたの病院にカプセル内視鏡の検査があったら、あなたから、医師に相談してみましょう。


すでに保険適応ですが、患者さんからの申し出がないと、従来の方法でがん検診をされるので注意してください。